迷惑メールを丸ごとストップできるステキなサービス発見

   

ほんと迷惑ですよね。

迷惑メールですもん。

 

どんだけフィルタをかけたり、迷惑メールを通報したり、ドメイン拒否リストに入れても、手を変え品を変えて迷惑メールを送ってくる。

大迷惑です。

それを防ぐステキな方法が、ペイウォールシステムのWrte.io(beta版)です。

迷惑メールブロックのwrte.io

 

ペイウォールシステムWrte.ioの使い方

登録する時に、Wrte.ioのメールアドレスを登録します。

続いて、自分で使っているメールアドレスを登録。

最後に、1通当たりいくら(USD:米ドル)の金額でメールを受けるか?を登録。

 

これで、Wrte.ioのメールアドレスをWebサイト等にオフィシャルメールアドレスとして公開しておけば、このお金を払わない限り誰もメールを送ってこれなくなるんです。

 

実際に使うと本当に誰からもメールが届かなくなる気しかしないキックですが、みんなどうなんですかね。

ホリエモンさんとか、やまもといちろうさんとか、色んな人から相談(というかTwitterでただメンション飛ばしてくるだけが多そう)を受ける事が多い人なら使っても面白そう。

また、芸能人でも使えそうです。

月額いくらでファンサイトの会員になってだけ見られるコンテンツってのもいいけど、1通いくらの方が心理的ハードルは低い気がする。

その料金に耐えうる芸能人って誰だ?って思うと分からないんですけど。

 

そしたらQ&Aサービスの有料プランとして使えるかもしれないなぁ。

いや、それも難しいかな。

 

とりあえずどう使ったらいいのか思いつかないんですけど、友達からのメールもシャットアウトしてもいい!くらいの勢いで一度導入されてはどうでしょうか。

僕もどこかで使ってみたいと思います(棒

 

紹介サービス:Wrte.io

 -Web

ad01

  関連記事

ユーザー同士の争いに困る人

ユーザー投稿型メディアやCGMの限界かもしれない。コメント欄には価値が無いのか。

コメント欄やユーザー投稿をメインにしたコンテンツに価値を見出すのはもう無理かもしれない。 そんな話を

LINE生放送の動画イメージ

LINE生放送(LIVE CAST&ON AIR)がすごいらしい。

これからは動画の時代が来るなんて言われてまして存在感を増すYoutubeとニコニコ動画です。 そこに

ATNDメイン

リクルートのアテンド(ATND)がベータじゃなくなってた。

以前終了したアテンドが予想通りジワジワ復活中 「イベントアテンド」としてはサービスを終了していました

Yahooトラベル

Yahoo!トラベルの宿泊手数料が無料に

無料・爆速でお馴染みのYahoo!がさらに推し進めるようです。 http://www.nikkei.

Facebookサングラス3

アドテック2014でFacebookのサングラスを貰った!

アドテック2014に行ってきました。 ちょうど自社メディアのリニューアルのタイミングで広告枠を再設定

ポップカルチャー音楽の画像

ナタリーがKDDI傘下になったとの事で

KDDIさんがナタリー(音楽、コミック、お笑い)を運営するナターシャの株式のうち 90%を取得して連

リクルート&Pontaポイント

リクルートポイントがPONTAポイントに!2015年11月24日から

リクルートが会社を上げて(多分)展開していた各メディアのユーザーIDを統合させて(リクルートID)そ

newspicks_paper

NewsPicksが紙の新聞を発行

NewsPicks(ニュースピックス)が紙の新聞を発行すると、メルマガにて発表しました! 編集長佐々

チケット転売はダメ

転売を防ぐ電子チケットについての不満とこれからの展開

ヤフーチケットが電子チケットでやってる事についてユーザーから色々と不満が出ているので調べてみました。

角川インターネット講座2

角川インターネット講座の全15巻がすごく面白そう。

ドワンゴと経営統合したKADOKAWAからこんな面白い本が発売されてました。 角川インターネット講座

ad01

ad01

時代の変化についていけず黄昏る男性
マッチングという概念がない世代

新しい「令和」という元号が発表されたが、時の流れの中に目印となる1つのフラッグが立ち、振り返るときに

ビットコインATM
ブロックチェーンが変えるモノと未来への不安

最近数年、テック方面で話題をさらってたブロックチェーンについて、ちょっと感じていることがありまして。

Vtuberプラットフォームreality
GREEとビリビリ動画がゲーム・VTuber領域で業務提携

やはり市場として「日本国内だけ」を考えることは成長を阻害するのか。 最近はテレビCMなど表立ったプロ

電子チケットでスムースに入場
進化を続ける電子チケットの現状を調べたら

電子チケットに興味があってここ数年、色々と調べております。 日本では2012年からスタートしている電

楽天ワンデリバリーは宅急便を味方につけられるか?
楽天が「ワンデリバリー戦略」を発表、自社運営の倉庫と自社輸送網を展開する。

楽天とAmazonの競争・競合・戦いはこの15年のECの隆盛とともに続いてきた訳ですが、送料無料の弊