アドテック2014でFacebookのサングラスを貰った!

   

アドテック2014に行ってきました。

ちょうど自社メディアのリニューアルのタイミングで広告枠を再設定しようとしていたんで、SSPを提供しているアドテク企業のブースを中心に。

ジーニーさん、MicroADさん、Kauliさん、Criteoさん等々のSSPを見ながら、そこに配信するDSP各社も見て色々資料を貰って勉強してきまして。

その辺りはまた書くとして、Facebookのサングラスを!

Facebookサングラス1

ドーン! ちゃんとUVカットです!

Facebookサングラス2

逆から見るとこんな感じです。

Facebookサングラス3

真横から見ると左側テンプルにしっかりとFacebookのロゴ文字が!

これは目立つなぁ。

Facebookサングラス4

逆側の右側テンプルにはFacebookのロゴマークがプリントされてます。

ちょっと埃が付きやすいかも。

Facebookサングラス5

普通のウェリントンなオーバルタイプのサングラスで、今流行りのシルエットに近いんで使いやすいと思う。

フェスとかではいいんじゃないかな。

あとアドテック会場では頭に付けてる人が多かったけど思ったほど主張し過ぎないんで、普段使いも出来なくもないかも。。。?

ちなみにFacebookのセミナー内容は

Facebook広告の認定マーケティングデベロッパーのセプテーニ社の方が、一般的なアドネットワークと、Facebook広告の違いや傾向、今までのCTRやCVRについてのお話でした。
これも非常に面白いんで、行かれた方は是非とも!

アドテックの他のブースの話はまた後日!

 -Web, メディア, 広告

ad01

  関連記事

newspicks_paper

NewsPicksが紙の新聞を発行

NewsPicks(ニュースピックス)が紙の新聞を発行すると、メルマガにて発表しました! 編集長佐々

similarwebが停止

similarweb、技術的エラーにより止まる

2016年2月15日17時現在、similarwebがアクセスできない状態になっています。 また、U

ananと言えば恋愛

俺達のananがニュースサイトを立ち上げたと聞いて

ananがニュースサイトを立ち上げる。 それだけで湧き上がる感情を押さえる事ができません。 anan

女性web編集者

増えてきたWebメディアの中で成立する個人メディアの1つの形

色々なWebメディアが乱立する事で玉石混交となり 「編集」と言う機能が改めて注目されている気がします

キクシル終了の画面

キクシル(Qixil)がサービス終了に見るQ&Aサイトの難しさ

キックも使ってるキクシルからサービス終了のお知らせが届きました。 ここ数年立ち上がったおもしろそうな

square2周年

日本で2周年のSquareと新しい決済について

スマホでクレジットカード決済ができるSquareが2015年5月23日をもって日本でのサービス開始か

チケット転売はダメ

転売を防ぐ電子チケットについての不満とこれからの展開

ヤフーチケットが電子チケットでやってる事についてユーザーから色々と不満が出ているので調べてみました。

自動改札のように何でもピッとするだけで入場出来るように

電子チケットを使ってみたら便利だったけど浸透には時間がかかりそう。

最近、仕事とかプライベートとかで電子チケットに関する話をする事がよくあるんです。 と言うのも、IT系

電通の売上推移

電通が早期退職を300人募集

まさかの電通 早期退職 電通、早期退職300人募集 仕事でちょこちょこと話を聞くことはあるんですけど

Google購入ボタンのポイント

Googleが購入ボタンをモバイル検索結果に表示

Googleがモバイルの検索結果に「購入ボタン」を用意 Google Confirms ‘Buy B

ad01

ad01

時代の変化についていけず黄昏る男性
マッチングという概念がない世代

新しい「令和」という元号が発表されたが、時の流れの中に目印となる1つのフラッグが立ち、振り返るときに

ビットコインATM
ブロックチェーンが変えるモノと未来への不安

最近数年、テック方面で話題をさらってたブロックチェーンについて、ちょっと感じていることがありまして。

Vtuberプラットフォームreality
GREEとビリビリ動画がゲーム・VTuber領域で業務提携

やはり市場として「日本国内だけ」を考えることは成長を阻害するのか。 最近はテレビCMなど表立ったプロ

電子チケットでスムースに入場
進化を続ける電子チケットの現状を調べたら

電子チケットに興味があってここ数年、色々と調べております。 日本では2012年からスタートしている電

楽天ワンデリバリーは宅急便を味方につけられるか?
楽天が「ワンデリバリー戦略」を発表、自社運営の倉庫と自社輸送網を展開する。

楽天とAmazonの競争・競合・戦いはこの15年のECの隆盛とともに続いてきた訳ですが、送料無料の弊