楽天が手数料を変更【値上げ?】Yahooどうするの

   

どもども。

楽天市場が出店者に対して、料金体系の変更を告知したとの事で、長期間に渡って楽天をウォッチしてる自分としては見逃せなかったんでちょっとまとめてみました。

 

今回無料となるのは

  1. 配送先データCSVダウンロード
  2. 送り状ダウンロード
  3. 出店者向けサーバースペース「楽天GOLD」
  4. 「受注WEB API」

に関する4機能で
2015年1月1日に改定する。

との事。

店舗トップページを自由なデザインにしてかっこいいお店を作るためには楽天GOLDの契約は必須だったんですが、これって元々100メガまで無料だったんじゃ。。。?

100メガ以上は100メガ当たり5,000円/月が必要だったけど、その部分を無料化するのか。

そして最大で1ギガの容量を無料で使えるようになるそうです。

 

・配送先データCSVダウンロードは基本料金700円+1件7円 ・送り状ダウンロードは1件5円

それぞれが無料に。

 

WEB APIは技術力がある店舗で自社でツールを開発してるお店くらいしか使ってなかったんですよね。

売上が1000万/月を超えているようなお店かな。

初期費用10万円、1件当たり7円の料金も無料になるとの事。

モバイル経由の売上手数料も変更になって、高いプランの店舗は安く、がんばれプラン/ライトプランの店舗は高くなりそうです。

 

そしてこれが一番影響が大きそうですけど

楽天のメルマガ機能の料金変更

3月11日の震災以降に、無料で遅れるメルマガを週に1回までと制限した楽天ですが

それが全て有料となるようです。

楽天=メルマガと言うくらい、日本のネットショップにおいてメルマガを使うと言う手法を全国レベルまで普及させた楽天市場がついにメルマガ有料化です。

リリース記事を読んでいると、「メルマガ無料化」となっているんですが、「R-mail Express」と同等の機能が(基本料金)無料で使えるよって事が言いたいんですかね。

ただ、1通当たりの料金はかかるよと。

これって「完全無料」では無いんですけど、言っちゃっていいんでしょうか。

※楽天R-mail Expressとは

お申込みした店舗様限定で、R-Mail予約ごとにエクスプレス配信枠を使用することができるサービスです。
※エクスプレス配信とはメールマガジンを即時配信する機能です。

でして、今まではこんな感じで基本料金+配信料金が必要でした。

楽天メルマガエクスプレス

 

あとは、全購入に対して追加で0.1%を徴収するという事ですね。

全く関係無いお店からすると、0.1%分だけ値上げになりそうです。

 

まとめ

トータルで見るとそんなに値上げにならないんじゃないかと

楽天市場には楽天の店舗だけで利益を出して成立しているお店はそんなに多くなく、まだまだたくさんの独立採算で成立していない店舗が存在してるんですが、そういう店舗はWeb制作の能力もそれ程高くなく、最近流行っているSketchPageとかを使ってバナーを作ったり、後は受発注作業で精一杯と言う感じでして。

そんなお店が週に1回テキストのメルマガを頑張って送っていた、と言う感じなので、そういうお店はメルマガを送らなくなるんじゃないかと思います。

※テキストメルマガの開封率って1%を切ったりするので

 

ただ売れる商品を置いてるだけのお店よりも、色々と頑張ってるお店が売上が上がりやすくする仕組みと言うか、言うなれば格差が明確になる形だと思います。

今現在の楽天がどうかは分かりませんが、一昨年や去年までは4万店舗のうち1万店舗くらいが退店していたんですが

「楽天市場にお店を出せば放っておいても売れる」と思っている店舗は楽天のターゲットとしてでは無い

と言う事でしょうか。

 

最近だとSTORES.jpがより大規模店舗を狙いに行く事業転換を行ったようですけど

YahooやBASEのように格安ネットショップと明確に差を分けて、よりレベルの高い店舗をしっかりと楽天に定着させていく戦略のように感じます。

 

ネットショップの裏話

有名ブランドやハイブランド、高単価なブランディングをしているショップで、楽天に出店したくないと言うお店は多いらしいです。

  • ドン・キホーテの圧縮陳列のような、バナーだらけのトップページ。
  • とにかく縦に長いランディングのような商品ページ。
  • そして目立つ楽天カラーの赤
  • 楽天ポイント圏のポイント大好きなユーザー層
  • 並行輸入等、正規ルート以外のショップが存在している

これがブランディングの上で合わないらしいんですね。

 

今までは数の戦略で面でネットショップ業界を押さえに行って、実際に相当な規模に成長した楽天市場ですが、これからはより質の高い店舗、ユーザーを囲い込む方向に移りながら親和性が高そうな色々な方向にチャレンジしていく気がします。

 

とりあえずYahooは、店舗賑わい演出システムをYahooオリジナルで無料で使えるようにしたらいいと思います。

 

 -ネットショップ, 楽天市場

ad01

  関連記事

BASEでTシャツを増やして欲しい

BASEのTシャツは原価が高くて売りづらいから商材増やして欲しい。

BASEを使っている。 BASE APPが色々とリリースされ、TシャツやiPhoneケースが作れるよ

インバウンドマーケティング画像

ECサイトのインバウンドマーケティングの記事を読んで

楽天、Amazonの牙城をBASEやSTORESJPが無料と言う切り口で切り崩すんじゃないか?ってい

ヤフオクの新UIテスト表示

ヤフオク!が新UIのテストをしているので色々確認してみた。

爆速と言う言葉を近頃聞かなくなったんですが、お元気でしょうか。 でお馴染みのYahoo!からヤフオク

アラタナから楽天へ

SketchPageとRibraryを事業譲渡、アラタナから楽天に。

楽天市場のバナーを簡単に作れるSketchPage(スケッチページ)と楽天市場専用のファイル管理ソフ

楽天市場の出店店舗数の推移

楽天市場の出店店舗数が急に増えたのはエンパワーメントプランの影響?

みんな大好き()な楽天市場は2016年になって店舗数が一気に増えました! 何があったのかは分かりませ

Yahooショッピングのメルマガ申込

Yahooショッピングが少しずつUIを改善して楽天化してる。

どうも、ネットショップのコンサルもやってるきくりんです。 昨年からYahoo(ヤフー)が爆速で無料化

新デザインの楽天トップページ

楽天とアマゾンのトップページデザインが変更【画像あり】

今日見たら、楽天市場とアマゾンのトップページデザインが変わっていました。 ガラッと変わっていて、今ま

アパレルブランド大量撤退

オーバースペックだった日本のアパレル店舗展開に見るリアル店舗の難しさ

少子高齢化社会の影響は逃げ場なく日本全体に波及している訳ですが、それと共に生活スタイルの変化も合わせ

Cartが終了を発表

Cart が5月22日にサービスの終了を発表

カート株式会社が運営するCart(カート)がサービスの終了を発表した。 Cartはクレジットカード手

Yahooトラベル

Yahoo!トラベルの宿泊手数料が無料に

無料・爆速でお馴染みのYahoo!がさらに推し進めるようです。 http://www.nikkei.

ad01

ad01

時代の変化についていけず黄昏る男性
マッチングという概念がない世代

新しい「令和」という元号が発表されたが、時の流れの中に目印となる1つのフラッグが立ち、振り返るときに

ビットコインATM
ブロックチェーンが変えるモノと未来への不安

最近数年、テック方面で話題をさらってたブロックチェーンについて、ちょっと感じていることがありまして。

Vtuberプラットフォームreality
GREEとビリビリ動画がゲーム・VTuber領域で業務提携

やはり市場として「日本国内だけ」を考えることは成長を阻害するのか。 最近はテレビCMなど表立ったプロ

電子チケットでスムースに入場
進化を続ける電子チケットの現状を調べたら

電子チケットに興味があってここ数年、色々と調べております。 日本では2012年からスタートしている電

楽天ワンデリバリーは宅急便を味方につけられるか?
楽天が「ワンデリバリー戦略」を発表、自社運営の倉庫と自社輸送網を展開する。

楽天とAmazonの競争・競合・戦いはこの15年のECの隆盛とともに続いてきた訳ですが、送料無料の弊