GoogleMapのキャラクター”ペグマン”がバレンタイン仕様に。

   

Googleの検索画面が日付によってロゴデザインが変わるのはみんなご存知だと思います。

これはみんなDoodleと呼んでいます。(Doodleについて

 

実はGoogleマップでもストリートビュー用の人型のキャラクターが変わってるのはご存知ですか?

名前をペグマンと言います。

Googlemapのペグマン

 

それが時期によってGoogleマップ内で衣装を着てたりするんです。

昨年はワールドカップ期間中に青いユニフォームを着た姿になっていました。

 

そして現在(2015年2月)ではこんな姿に。

Googlemapキャラクター

おそらく、バレンタインデーの時期という事でデコレーションされてるのかな?

ケーキのようにも見えたりしますけど、何なんでしょう。

個人的には昔のアイドルのような衣装にも。。。w

 

そして公開されている過去のペグマンの衣装まとめを見ると、、、

サンタやバナナ、ウォーリーやギタリスト、魔法使いに魚などバラエティーに富んだ様々なキャラクターを発見。

Googlemapペグマン一覧

 

こんなGoogleの遊び心いっぱいな所が好きで、ついつい毎日見てしまうんですよね。

やはり毎日ユーザーに見てもらうためにも、こういう部分を大事にしていきたいなと思いました。

 

Googleマップのペグマン一覧はこちらに。

Doodleのアーカイブはこちらに。

 

 -Google, Web

ad01

  関連記事

角川インターネット講座2

角川インターネット講座の全15巻がすごく面白そう。

ドワンゴと経営統合したKADOKAWAからこんな面白い本が発売されてました。 角川インターネット講座

ポップカルチャー音楽の画像

ナタリーがKDDI傘下になったとの事で

KDDIさんがナタリー(音楽、コミック、お笑い)を運営するナターシャの株式のうち 90%を取得して連

チケット転売はダメ

転売を防ぐ電子チケットについての不満とこれからの展開

ヤフーチケットが電子チケットでやってる事についてユーザーから色々と不満が出ているので調べてみました。

Facebookにもスパム広告が来て迷惑

Facebook広告にスパム広告が増えてきている。

※見つけ次第追記 僕の考えているスパムとは スパムは、人が集まる場所(=お金の集まる場所)として姿形

AWAアワ

サイバーエージェントとエイベックスが設立の音楽配信サービスAWA.fmがサイトオープン&開始決定

昨年の12月1日付けで設立されたAWA(アワ) サイバーエージェントとエイベックス・グループ・ホール

O2O、若い世代の繋がり

若い世代のO2Oについて思うこと

最近めっきり寒くなって布団から出るのが嫌なKickですけど、若い世代はスカートで足出してても平気なん

女性web編集者

増えてきたWebメディアの中で成立する個人メディアの1つの形

色々なWebメディアが乱立する事で玉石混交となり 「編集」と言う機能が改めて注目されている気がします

迷惑メールブロックのwrte.io

迷惑メールを丸ごとストップできるステキなサービス発見

ほんと迷惑ですよね。 迷惑メールですもん。   どんだけフィルタをかけたり、迷惑メールを通

ananと言えば恋愛

俺達のananがニュースサイトを立ち上げたと聞いて

ananがニュースサイトを立ち上げる。 それだけで湧き上がる感情を押さえる事ができません。 anan

square2周年

日本で2周年のSquareと新しい決済について

スマホでクレジットカード決済ができるSquareが2015年5月23日をもって日本でのサービス開始か

ad01

ad01

時代の変化についていけず黄昏る男性
マッチングという概念がない世代

新しい「令和」という元号が発表されたが、時の流れの中に目印となる1つのフラッグが立ち、振り返るときに

ビットコインATM
ブロックチェーンが変えるモノと未来への不安

最近数年、テック方面で話題をさらってたブロックチェーンについて、ちょっと感じていることがありまして。

Vtuberプラットフォームreality
GREEとビリビリ動画がゲーム・VTuber領域で業務提携

やはり市場として「日本国内だけ」を考えることは成長を阻害するのか。 最近はテレビCMなど表立ったプロ

電子チケットでスムースに入場
進化を続ける電子チケットの現状を調べたら

電子チケットに興味があってここ数年、色々と調べております。 日本では2012年からスタートしている電

楽天ワンデリバリーは宅急便を味方につけられるか?
楽天が「ワンデリバリー戦略」を発表、自社運営の倉庫と自社輸送網を展開する。

楽天とAmazonの競争・競合・戦いはこの15年のECの隆盛とともに続いてきた訳ですが、送料無料の弊