Googleが購入ボタンをモバイル検索結果に表示

   

Googleがモバイルの検索結果に「購入ボタン」を用意

Google購入ボタンのポイント

Google Confirms ‘Buy Button’ Is Coming

先日行われたコードカンファレンス(Code Conference)でCBO(chief business officer)のオーミッド ・コーデスタニ( Omid Kordestani)がgoogleの次のネットショッピング(EC)向けの施策として、購入ボタンを付けてユーザーの購入体験を向上させる事で、ショッピング広告の効果をより高めていく、とコメント。

まだコマースの約90 %はオフラインである事や、オフラインでの購入のためのモバイル検索が多い事も指摘。

これは意外でした。

まだ90%がオフライン、と言っているのは市場規模も日本より大きいアメリカだけなのか、日本も含まれるのか記事からは分からなかったんですが、リアルのユーザーをいかにWebに連れてくるか?を課題としているのは分かりました。

そして、モバイルで商品を調べてからリアルでの購入を考えるというのも興味深いです。

恐らく、店頭で実際に商品を比べている時に、店舗内だけで完結しない情報をWebに求めてモバイル、スマホで検索して、意思決定の材料としてから、その場での購入につなげるという行動パターンなんだと思う。

ショールーミングともちょっと違う。

これは「どこで買うか」という事よりも「今欲しい物の中で最も自分にマッチした物は何か?」という、より深い購入体験の方がユーザーにとってメリットがある事だと言えると思う。

 

商品から購入完了までのステップを減らす事で、よりよいユーザー体験を提供できる

これは全てのECのショップに関係する事でしょう。

仮にネットでの購入体験が非常によければ、目の前にある商品の情報を調べている際に、よりお得に、よりメリットのある形(金額、ポイント、家に届く等)で商品を購入できるのはどの選択肢なのか?

という同じ土俵に登ることができる訳で。

それがGoogle上、Googleショッピング(有料)で出来るのであれば、ネットショップ運営者はそこに対してお金を払ってでも商品を登録、陳列していくはずだ、というロジックですね。

大きく言うと「Googleで買い物をする」というユーザーを増やしていく。

ユーザー心理的には個別の店舗よりも楽天市場で買っているという認識が強いのと同じ減少かもしれません。

 

Google的にはすごく理にかなっていると思います。

店舗からすると中々に厳しい将来も見えそうな気がしますが。。。

googleshoping

そうやってステップを少なく、障壁を小さくしていくと、Googleがリアルの流通にも手を出す未来が来るんじゃないか?なんて思うけど、それはまた別で考えますね。

んじゃ。

 

あれ、これだとますます楽天市場は国内だけでジリ貧。。。?

 

 -Google, Web, ネットショップ

ad01

  関連記事

角川インターネット講座2

角川インターネット講座の全15巻がすごく面白そう。

ドワンゴと経営統合したKADOKAWAからこんな面白い本が発売されてました。 角川インターネット講座

pinterestと電通が提携

ピンタレスト(pinterest)が電通と業務提携したそうで戦略を考えてみる。

ピンタレストと電通が日本国内における戦略的パートナーとしての業務提携契約を締結したとの事。 ニュース

newspicks_paper

NewsPicksが紙の新聞を発行

NewsPicks(ニュースピックス)が紙の新聞を発行すると、メルマガにて発表しました! 編集長佐々

新デザインの楽天トップページ

楽天とアマゾンのトップページデザインが変更【画像あり】

今日見たら、楽天市場とアマゾンのトップページデザインが変わっていました。 ガラッと変わっていて、今ま

GoProHERO+が発売

GoProの新商品「HERO+」が発売。日本でも7月に。

アクションカムを世の中に広めた元祖、GoProからエントリーモデルの新商品が発売。  『HERO+』

楽天市場アクセス解析数

クレイトエージェンシーが営業電話&メール送ってきてうざい

めんどくさい電話だったのと、またおかしな事を言っているのでちょっとまとめておきますね。  

スパムレイバンのサングラス

Facebookスパム「それはみんなのお気に入りとなっています」つまりRay-Ban

Facebookスパムといえば、世界のECサイトが多いですが、その中でも特に多いのがRay-Ban(

アパレルブランド大量撤退

オーバースペックだった日本のアパレル店舗展開に見るリアル店舗の難しさ

少子高齢化社会の影響は逃げ場なく日本全体に波及している訳ですが、それと共に生活スタイルの変化も合わせ

spikeショッピングカート

無料決済のSPIKEにカート機能が追加したので管理画面を見てみた。

無料決済で有名なSPIKEにカート機能が追加されました。 どうやら以前から要望が多かったらしく、満を

similarwebが停止

similarweb、技術的エラーにより止まる

2016年2月15日17時現在、similarwebがアクセスできない状態になっています。 また、U

ad01

ad01

Cartが終了を発表
Cart が5月22日にサービスの終了を発表

カート株式会社が運営するCart(カート)がサービスの終了を発表した。 Cartはクレジットカード手

銀行のお金
地方銀行に安定無し、合併・再編・統合の動きまとめ

2017年1月5日の読売新聞朝刊にも1面と11面に出ていたように、三重の三重銀行と第三銀行が統合を検

Wantedly peopleを使ってみた
Wantedly Peopleを使ってみたので不具合と技術的な部分の備忘録メモ

名刺管理はSansanのEightを使っているんで、WantedlyPeopleがリリースされても移

lineモバイルがAmazonで発売
LINEモバイルがAmazonで69%オフ!で取扱いスタート

LINEがSIMと回線販売を始めたと話題になっているLINE MOBILEですが、フラッと見てたらA

Facebookにもスパム広告が来て迷惑
Facebook広告にスパム広告が増えてきている。

※見つけ次第追記 僕の考えているスパムとは スパムは、人が集まる場所(=お金の集まる場所)として姿形